お金も未来も悩まない主婦ブログ

整理収納・片付け・懸賞生活・投資・節約・家計管理・ポイントサイト・シンプルな暮らし

愛用のナイトブラを捨てました


スポンサードリンク

f:id:futarigurashi:20170827141416j:plain
このたび、愛用してたナイト用ブラを処分しました。

数枚をローテしながら使ってましたが、

長年使用したこと、洗濯による磨耗で生地が伸びて

しっかり胸をホールドしなくなったもので…。

 

■そもそもナイト用ブラって必要なのか。

f:id:futarigurashi:20170827141613p:plain

女性なら誰しも関心のあるバストの垂れ。

垂れていく原因はバストを支える

クーパー靭帯

バストの表皮

大胸筋の3つが関係しています。

まずはベースになるのが胸筋でバスト全体の下支えをしています。

胸筋を鍛えることでベースが大きくなるので、

バストアップを実現することも可能です。

 

■クーパー靭帯は切れたら再生しない

クーパー靭帯はバストの内部で乳腺と皮下脂肪と皮膚をつなげる役割をします。

バストの下垂の大きな原因はクーパー靭帯の伸びにあるといわれています。

クーバー靭帯は一度伸びたら元に戻ることはありません

バストが大きく上下に揺れたり、加齢によって皮膚が伸びてくると

クーパー靭帯に負担がかかり

伸びたり、切れたりして、

バスト自体を支えることが出来なくなってしまいます。

その結果、下垂が進行するというわけです…。

 

以前、巨乳で有名なグラビアアイドルさんの記事で

クーパー靭帯を切らないように、

走るときはおっぱいが揺れないように

さらしを巻くほど気を使っていたそうです。

 

わたしもそれを読んでからは、

一日中ブラなしで過ごすことがなくなりました。

日常着けるブラジャーには特に気を使って、

ワコールさんの売り場で測定してもらって

ぴったり合った下着を選ぶようにしています。

1枚1万円近い高価な買い物ですが、

きれいな形を少しでも長くキープできるなら安いもんです。

 

■ナイトブラの役割り

f:id:futarigurashi:20170827143444j:plain
ナイトブラを着けると、バストの表皮に負担をかけず、

クーパー靭帯を守ることが出来ると言われています。

バストの横流れとはバストの脂肪が本来あるべき場所から

外に流れてワキや背中に移動してしまうことを言います。

 

バストの9割は脂肪と言われていますが、

柔らかい脂肪は動きやすく流れやすいため

ワキや背中に移動しやすく、

結果としてバストが小さくなり、

ワキや背中に肉が付いてしまう…という事に。

 

ナイトブラを着けると寝ているときに流れやすい脂肪を

留めてバストの横流れを防ぐことが出来るのです。

 

ワコールからもナイト用ブラが発売されています。

個人的には胸の前でバッテンになってるデザインのほうが

ホールド感があるように思います^^

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

広告を非表示にする